性交痛対策ローション

性交痛対策に最適なローションは有りますか?

プレシードなら医療品レベルのローション

  • 体質的に濡れにくい
  • いつのまにか濡れにくくなった
  • 妊活中で性交に痛みが伴う
  • 更年期になってから痛みが増した

性交痛は、元々の体質や年齢的な変化に伴い起こりやすくなる事がありますが、濡れにくい状態でセックスを続けると摩擦により痛みを伴うだけでなく、感染症の要因となります。

それを防ぐ為には、ローションの使用が最適です。本来の潤滑性に近づける事で性交痛を改善し、感染症の予防にもなります。

そんなローションにも様々なものがありますが、医療品も生産する衛生的な工場で製造されているプレシードなら、安心して使用できるだけでなく、妊活中に欠かせない要素を兼ね備えているようです。

精子を邪魔しない弱アルカリ性が良いらしい

妊活中に結構多い悩みの一つが濡れにくくなる事です。

本来は、性的興奮に合わせて膣内が濡れやすくなるそうですが、子作りという目的が絡んでくると、ただ楽しむという事が出来なくなってしまう事も関係しています。

これが結構悩みとして引きずる事もあるようですが、妊活というのは、どこか義務的な部分があったり、その為に色々と準備をして行うので、どうしても、楽しむ事が出来なくなってしまい結果的に興奮しなくなり、濡れないという悪循環。

できれば、そうなりたくないものですが、無意識のうちにそうなってしまう事もあるので、頑張って解決できるものでもありません。

そんな時にこそ活用できるのがローションですが、これは、ただ滑りを良くするという以外に確認すべき点があるようです。

ローションと言ってもプレシードシードは医療品として扱われていて、精子と同じ弱アルカリ性に保たれている事で精子を殺さないように作られているそうなんです。

ちなみに、人の身体は基本的に弱酸性。

その理由は、体内で悪い細菌などが繁殖するのを防ぐ為です。

膣内も同じように弱酸性に保たれている事で細菌が繁殖しにくくなっているので、弱アルカリ性を好む精子にとっては辛い環境。

精子自体、自分を守る為の保護膜のようなものを分泌しながら動くそうですが、その上でもローションの弱アルカリ性は、精子のとっての手助けにもなるという事ですね。

なので、医療品のローションであると同時に、弱アルカリ性に保たれているものを選ぶと、この辺の基準を満たしているという事になります。もしもこれから活用したいと考えているなら、この事を忘れずに選ぶようにすると失敗しなくなります。

なぜ医療品レベルで作られている?

プレシードが医療品レベルに仕上げられている理由は、不妊治療に用いることが前提だからです。

不妊治療期間が長引くと、色々な要因で膣内の潤滑性が落ちてしまいますが、プレシードがそれを防ぐだけでなく、市販のローションとは異なり精子の働きを邪魔しない成分に仕上げられています。

妊活中や不妊治療中は、排卵のタイミングに左右されてしまいますが、それこそが、濡れにくくなり性交痛を引き起こす原因でもあります。

ひと月に一度あるか無いかのチャンスを逃さないために、月経周期や排卵検査薬でチェックして予測した排卵日に合わせて、セックスしなくてはなりません。

このように、「子作り」目的では、気持ちよりタイミングが優先されます。

すると、お互いにセックスが盛り上がらない事で、女性は、濡れにくく、男性も前議がおろそかになるという悪循環に陥ります。

更に、「頑張っても子供ができない」という現実が加わると、セックスという行為そのものが苦痛でしかなくなり、レスに陥ることもあるそうです。

その原因の一つとして大きな濡れにくさを補う為に、プレシードは最適です。

市販ローションは不妊治療に適さない理由とは?

膣内を潤滑にする膣分泌液は、気持ちが高まり膣周辺に血液が集まることで分泌が促されるもので、気持ちが乗っていないのに性交を始めると、膣分泌液の分泌が悪く、パートナーの指やペニスによる摩擦で痛みを伴うだけでなく、傷つくことがあります。

セックスによる膣内の摩擦を減らし性交痛を和らげるのがローションの役目ですが、市販されているローションの多くは、不妊治療に適さない理由があります。

それは、pH値の問題です。

pH値と聞くと、小学校の理科の時間を思い出しますね。
私が子供の頃は、ジャガイモの切り口にリトマス試験紙を付けて何色に変わるかなんてやった記憶があります。

それはさておき、市販されているローションの多くは、pH値が弱酸性です。

「pH値が弱酸性だと何で不妊治療に適さない?」

それは、膣内が弱酸性で精子が弱アルカリ性であることが関係しています。

弱アルカリ性の精子たちにとって、市販ローション(弱酸性)は、非常に厳しい環境で、元気な一部の仲間を残して生き残ることができません…。

  • 弱酸性:弱い精子は脱落していく
  • 弱アルカリ性:精子に最適な環境

その点、医療品レベルのローションであるプレシードは、弱アルカリ性です。
つまり、精子が活動しやすい環境にとって最適なpH値なのです。

避妊したい人には市販ローションが最適?

避妊したいけど、ノースキンでセックスしたいカップルなら、「それなら、むしろ市販されているローションを使った方が好都合じゃん」と思うかもしれませんが、早合点はいけませんよ!

なぜなら、弱酸性というのは、前述の通り膣内の環境と同じだからです。
つまり、弱酸性でも生き残る精子は居るということです。

実際に、精子には、X精子、Y精子という2タイプが存在します。

  • 共通:どちらも弱アルカリ性
  • X精子:酸性に強いが数が少ない
  • Y精子:アルカリ性に強く、Xの2倍居るが寿命が短い

精子には、このような2つのタイプがあるので、もしも、酸性に強いX精子が元気だと、普通に妊娠してしまうこともあるので、避妊するならスキンの着用が必須です。

また、市販のローションの中には、滅菌などがしっかりされていないものもあるらしく、場合によっては、雑菌を膣内に混入する恐れもあるので注意が必要です。

もしも、弱酸性の市販ローションを購入する場合は、滅菌処理などがしっかり確認できるものが良いと思います。

アルカリ性の市販ローションは無いの?

Amazonなどで探してみると、弱アルカリ性のローションも色々と種類があります。

なので、プレシードに限らず、pH値の表記がはっきり確認できるものであれば、問題ないのかもしれません。

ですが、弱アルカリ性のローションは、精子にも好都合ですが、雑菌の繁殖にも好都合なので、衛生面を考慮すると、ちゃんとした製造環境で作られているものが安心です。

その点、プレシードなら、医療品レベルなので基準を満たしていると言えます。

自分の体のためを考えるローション選び

市販のローションにしてもネット通販するにしても、「性交痛対策のため」と思っていれば、別に恥ずかしがる必要はありませんが、さらに、医療レベルの安心が確認できれば、「自分の体を守るため」と前向きな気持ちで購入できるのではないでしょうか。

もしも、性交痛対策でローションを選ぶなら、その辺を考えてみると、最適な製品が見つかりやすくなると思います。

ちなみに、プレシードは、チューブと筒をねじ回しで固定して、ローションをこの筒の中に入れてから膣内に挿入するようになっています。計6個同じ筒が入っていて使い捨てできるので、衛生面も問題ありませんね。

また、中のローションは、結構サラサラしていますが、しっかり潤滑性のあるローションになっていました。

プレシードの購入方法は?

プレシードをAmazonでも確認してみると、数点の販売がありました。なので、手っ取り早く手に入れるなら、Amazonという方法もあります。

ですが、取り扱われているプレシードは、どれも並行輸入品なので、メーカーと直接やり取りしている販売店ではなく、海外で買い付けたものを転売している場合があります。

この場合の注意点として、製造から時間が経過し、消費期限間近というものが紛れていることがある為、ちゃんとした販売店、代理店経由での購入が安心です。

ちなみに、私は輸入代理店の「妊娠お助け隊」というサイトからプレシードを購入しましたが、注文もスムーズで外箱もキレイなちゃんとした製品が届きました。

また、このサイトでは、他にもワンステップ排卵検査薬という格安で感度の良い排卵検査薬の扱いもあるので、不妊治療、妊活中という場合に、プレシードと一緒に購入するという方法もありますね。

タイミングを合わせるには排卵検査薬も必要

妊活中にローションを活用するのもそうですが、本当に排卵のタイミングと合っているのかを見直す事も重要です。むしろ、ここがずれていては、いくら頑張っても子宝を授かる事が難しいものです。

その見直すべきものの一つが排卵検査薬です。
タイミング法では欠かせないLHサージをチェックできるアイテムが排卵検査薬ですが、種類も色々あるだけでなく、予定日の間近にならないとはっきりしないものも中にはある為です。

また、排卵が過ぎた後にも陽性反応が出るものなどあるので、この辺りの性能を確認しながら選ぶ必要があります。中でも、オススメできるものはワンステップ排卵検査薬です。

初めての購入に限り、実際に使用して効果を感じなければ、全額返金の保証も付けているという部分も含めて、かなり製品には自信があるようです。

女の子が欲しい時にはクリアブルーが最適

最近は、簡単に産み分けができるそうですね。

なんでも、特定の性別が生まれやすくなる、性交渉のタイミングが判明しているとかで。具体的には、男の子が欲しい場合は排卵日当日とその翌日、女の子が欲しい場合は排卵日前日と前々日に、集中的に性交渉を行うと良いみたいです。

となると、男の子よりも、女の子の産み分けの方が、ちょっと厄介だと思います。

なぜなら、大抵の排卵検査薬は、排卵の24~36時間前じゃないと、くっきりとした陽性反応を示さないからです。では、女の子が欲しい場合は、とにかく時間との勝負で、くっきり陽性反応が出たらすぐ性交渉に入るしかないのでしょうか?

なんだか、バタバタして大変そうです。ただ、排卵検査薬の中だと、ワンステップとデジタル表示のクリアブルーイージーなら排卵の2日前からくっきり陽性反応を示してくれるものもありました。

しかし、残念ながらその両方とも日本製ではなく、海外製の排卵検査薬です。

そのため、購入に際しては、個人輸入を介す必要があります。それでも、最近では個人輸入代行サイトも充実して、普通の通販と同じ感じで気軽に買えるようになりつつあるため、女の子の産み分けのためにワンステップやクリアブルーイージーデジタルを利用している日本人女性も多いとのことでした。